1月26日放送分

きょうは文化財防火デー卯子酉神社で消防訓練


きょう・1月26日は文化財防火デーです。これを前に、今週日曜日、下組町の卯子酉神社で消防訓練が行われました。文化財防火デーは、昭和24年1月26日に法隆寺・金堂の壁画が火災で焼けてしまったことを受け、文化財保護に関する意識を高めようと昭和30年に国が定めました。きのうは、卯子酉神社近くの林野から煙が出ているのを観光客が発見するという想定で訓練が実施され、市の消防職員や消防団員のほか、地域住民など36人が参加しました。地域住民と婦人消防協力隊が初期消火をして重要物品を運び出したあと、消防団員と消防職員が近くの水路から水を引き、消火活動にあたりました。訓練終了後、遠野消防署の奥寺勝署長は、「みなさんの連携がとれた訓練だったと思います。そして、遠野市の大事な財産を失わないよう、火災予防の協力もお願いします」と講評していました。また、参加した人は、「冬場は雪や氷で水路の水が少ないことがある。常に水の確保が必要と改めて感じた」と話していました。なお、遠野消防署によりますと、ことしに入って、市内では1件の建物火災が発生しているということです。また、この時期は、空気が乾燥し、火災が発生しやすいことから火の取り扱いに注意するとともに、住宅用火災警報器の点検・確認も呼びかけています。
最近のニュース
リストに戻る