南部神社
遠野市鍋倉山の中腹に鎮座する
遠野南部氏及び祭神の功績

 南部氏は甲斐源氏加賀美次郎遠光の三男光行に始まる。光行は甲斐国巨摩郡南部(現南部町)に住んだので南部三郎光行と呼ばれた。光行の三男実長が遠野南部氏の祖である。

  南北朝時代(1331)南朝方に与し八代に亘り世々忠誠を尽くす。
一代 実長命、甲州南部郷に在り、日蓮上人に深く帰依し所領身延山一円を寄進、現在の身延山(本山久遠寺)を開基した。
二代 実継命、元弘元年(1331)北条倒幕の議に連なり捕えられ、京都六条河原の露と消える。
三代 長継命、守邦親王の命を受け奥州の叛徒を討つ、戦功大なりという。
四代 師行命、奥州国代となる。八戸根城を守る。延元2年(1337)国司北畠顕家に従い京都に進み各地に戦功あるも、ついに泉州石津に残る家臣百八名と共に戦死を遂ぐ。
五代 政長命、元弘3年(1333)護良親王の命を奉じ鎌倉攻に参加し殊勲を樹てる。
六代 信政命、建武2年(1335)父政長に代って北畠顕家の西上軍と行を共にし、賊将足利尊氏を遠く九州に敗走させ、後醍 醐天皇より感謝状を賜る
七代 信光命、正平年間(1346〜1370)奥州討伐に当たり戦功あり、後村上天より綸旨を賜る。
八代 政光命、南北合一するも、これに屈服せず甲州の所領を捨て、独り祖父の意を継ぎ天戴の地、八戸に移り孤忠を尽くす。
  
  戦国期に入ると八戸南部氏は当主が若くして夭死することが多く急速に衰微し、代わって三戸系南部氏が台頭した。十八代 政栄の時、天正18年(1590)豊臣秀吉の奥州仕置によって近世南部藩の創設者三戸南部信直の付庸とされ、次いで寛永4年 (1627)二十二代直義(直栄)の時、藩主利直の命のよって遠野に移封となり明治維新におよんでいる。この直義以降を遠野南 部氏という。
遠野市に於ける南部氏の歴史
 八戸根城の第二十二代城主・南部直義が、盛岡藩初代城主の南部利直に遠野・横田城への移封を命じられたことから始まります。
 直義は移封を辞退しましたが、盛岡南部家の背後には徳川幕府があり、また八戸根城の命脈を守ろうとする第二十一代の清心尼の意向もあり、国替えの指示に従いました。
 南部直義の国替えは、寛永4年(1627)3月9日に根城を出発し、諸士・寺院・同心・その他大工・木挽・畳刺等の職人が従い、3月12日遠野に到着た。遠野南部氏の新しい歴史が始まり、横田城下は荒廃していたが進営事業を行い、町内の輪郭も整え、国替えから100年後には町家数も倍以上となった。「一六市日」の六度市は「入荷千駄出 荷千駄」の賑わいを見せ、商売は繁盛したのでした。
各行事の祭典
墨付けどんと祭
毎年一月第一日曜日の午後三時より開催 され、お焚き上げした古神札の灰で造った墨を体につけ、身体健康を願う。
5月2日の宵宮祭が終了後、拝殿にて夜神楽が奉納になる。
画像は平倉神楽
5月4日の例大祭の午後より、当神社の「家紋」に関係する地元の芸能団体が奉納する。
神楽・しし踊りなど 画像は鷹鳥屋しし踊 り
メインに戻る