FTTH工事

FTTH方式(宮守町および小友町)の場合
下の図がFTTH方式における一般的な一戸建て住宅の場合の工事例です。

1.ご加入申込〜引き込み工事

遠野テレビにご加入お申し込み頂ただくと、後日お客様宅に引き込み工事を行い、クロージャより引込線とV-ONU、PI、D-ONUの取り付け工事を行います。引き込み工事にかかる費用は遠野市にて負担いたします。

2.宅内工事依頼

引き込み工事完了後、遠野テレビから指定工事業者(B種)に宅内工事の依頼を行います。

3.宅内工事

依頼された指定工事業者(B種)は後日、お客様の家の宅内工事にお伺いし、PIから宅内の配線、STB/ホームターミナル、音声告知装置、電話機の取り付け工事を行います。STB/ホームターミナルを2台以上お申し込みの方はさらに分配、配線などの工事が発生いたします。 STB/ホームターミナルが設置されていないテレビにケーブルを接続した場合、ご覧になれるチャンネルは地上波と自主放送のみになります。(NHKの衛星放送はご覧になれません)

4.インターネット工事

インターネットサービスをご利用になる方は、D-ONUとパソコン(ルータ)を接続する工事が必要になります。この工事はお客様ご自身で行うか、遠野テレビから指定工事業者に工事の依頼を行います。 (指定工事業者である必要はありませんが、指定工事業者以外をご希望の場合はお客様自身で電器店等に工事の依頼をお願いいたします)

1.お客様ご自身で工事を行う場合、またはお客様自身で工事の依頼をする場合
LAN配線工事(図の紺色の部分)をお客様ご自身にて行うことになります。 インターネット接続に関する設定(マニュアル類、メールやホームページのアドレス、パスワード、サーバーの名称など)内容が書かれた紙は郵送にてお送りいたします。

2.遠野テレビから指定工事業者に工事の依頼をした場合
指定工事業者がお客様の家のLAN配線工事(図の紺色の部分)にお伺いします。 この時に指定工事業者からインターネット接続に関する設定(マニュアル類、メールやホームページのアドレス、パスワード、サーバーの名称など)内容が書かれた紙をお渡しいたします。

ご注意
引込線、V-ONU、PI、D-ONU、STB、音声告知装置は遠野市の所有物であり、これらの機器はお客様に無償で貸与するものです。汚したり破損しないよう大切にご使用願います。

Copyright(C) TonoCableTelevision. All rights reserved.